ハイドロキノンの効果とは?

ハイドロキノンは、元々イチゴや麦芽などに含まれている成分であり、元々は写真の現像時に使う還元剤やゴムの酸化防止剤としても含まれておりました。
またメラニンの生成する成分の働きを防ぐこともできることからシミを予防するだけではなく、できてしまったシミやニキビ跡に直接塗ることによって還元作用が働き薄くすることもできることから、美容成分としても注目されています。
刺激が強い成分で日本でも2001年までは管理方法が難しい理由として、医師の指示がなければ使用が認められていませんでしたが、現在では4%までの濃度でしたら市販の化粧品にも配合されていますので、ピンポイントに塗ることによって徐々にシミやニキビ跡が改善してゆきます。
シミやニキビ跡の原因によって色の濃さや大きさなど症状が違ってゆきますが、ハイドロキノンは炎症後の色素沈着や肝斑など皮膚の表面にできたものに関して、効果を期待することができます。
ただ皮膚の奥にまで悪化した状態や遺伝的要素が含まれているものに関しては効果が表れにくく、シミが目立たなくなったら使用を止めないと今度は皮膚が弱くなってしまうこともありますので、効果が強い分だけ長期間使用し続けないでおきましょう。