ハイドロキノンの美白効果

ハイドロキノンは、元々イチゴや麦芽などに含まれている成分であり、元々は写真の現像時に使う還元剤やゴムの酸化防止剤としても含まれておりました。 またメラニンの生成する成分の働きを防ぐこともできることからシミを予防するだけではなく、できてしまったシミやニキビ跡に直接塗ることによって還元作用が働き薄くすることもできることから、美容成分としても注目されています。

ハイドロキノンは刺激が強い成分です。日本でも2001年までは管理方法が難しい理由として、医師の指示がなければ使用が認められていませんでしたが、現在では4%までの濃度でしたら市販の化粧品にも配合されています。ハイドロキノンはピンポイントに塗ることによって徐々にシミやニキビ跡が改善してゆきます。

シミやニキビ跡の原因によって色の濃さや大きさなど症状が違ってゆきますが、ハイドロキノンは炎症後の色素沈着や肝斑など皮膚の表面にできたものに関して、効果を期待することができます。

ただ皮膚の奥にまで悪化した状態や遺伝的要素が含まれているものに関しては効果が表れにくく、シミが目立たなくなったら使用を止めないと今度は皮膚が弱くなってしまうこともありますので、効果が強い分だけ長期間使用し続けないでおきましょう。

ハイドロキノンの注意点

ハイドロキノンは美白クリームや化粧品などに配合されています。ハイドロキノンは、紫外線によってダメージを受けたシミやニキビ跡の改善に効果が表れ、高齢により目立ってしまった色や広がっているほど効果が感じやすいです。しかし、ハイドロキノン自体が刺激の強い成分であり、気軽に扱ってしまいますと肌トラブルの原因にもなってしまいます。

適した使い方としては、まずシミやニキビ跡改善で使う前にパッチテストをして、皮膚の薄い部分に炎症か赤みなどの症状がでないか確かめてみます。パッチテストではハイドロキノンが含まれている化粧品やクリームを絆創膏に付け、皮膚の薄い部分にて張り付けてから24時間経過して後に取り、皮膚に異変がないかと確認してから本格的に使うようにしてみましょう。

シミやニキビ跡に塗る時に直接指を使うのに抵抗がありましたら、綿棒に含ませて気になっている部分に浸透させることで、肌トラブルを最小限に防ぎながら改善することができます。 面倒だからとシミやニキビ跡になっていない部分にまで塗ってしまいますと、肌質によっては白斑のようなトラブルを引き起こすケースもありますので、効果が期待されている分だけ注意点を確認しながらも正しい方法にて使いましょう。 シミを消す化粧品

ハイドロキノン配合の美白化粧品の選び方

ハイドロキノンが配合されている美白化粧品は、シミやニキビの跡を薄くすることができますので美白効果としては期待することができますが、成分自体の刺激が強いことと美白化粧品自体が値段が高いので選ぶのにも慎重になってしまいます。 自分に合った美白化粧品の選び方としては、やはり口コミから探すことが近道であります。

刺激が強いからサンプルで確かめてみたいという場合でもメーカーによっては扱っていることもありますし、肌質によって合わなかったり使い心地や効果が表れるまでの時間など、細かく書いてあるから1つ1つ試すよりも選びやすく、自分に合った商品も探しやすいです。

化粧品ではビーグレンのQuSomeシリーズは、洗顔料や化粧水といった基礎化粧品が1つのセットとなって開発販売しており、初めての人にはトライアルセットとして試すこともできます。

シミやニキビ跡をピンポイントで消したい人にはハイドロキノン配合のホワイトクリームがあり、メーカーによっては値段が入手できる価格設定となっており、肌質によってはパッチテストをしてから試して欲しいですが、効果もそれなりに期待することができますのでシミやニキビ跡の濃さや大きさに合わせて探してみて下さい。

美白美容液にも色々あり、メーカーによって特徴も様々です。潤い重視の美白美容液もあれば、低刺激を売りにしている美容液もあります。ご自身の目的や肌質に合わせて適切な美白美容液を選ぶのが良いでしょう。 美白美容液 おすすめ

更新履歴